肌質で考えたい!ファンデーションの選び方

乾燥肌の人の上手なファンデーションの選び方

乾燥肌の方はこれ以上乾燥を悪化させないことを前提にファンデーションを選んでいくことが大事です。

 

一方で乾燥肌を保護しつつ美しく見せるカバー力もしっかり備えていることが望まれます.。

リキッドが合わない場合も

マキアレイベル薬用エステヴェールファンデーション選び方乾燥肌

乾燥肌の方がファンデーションを選ぶ際に最大のポイントとなるのが、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションのどちらかを使うかの選択です。

 

肌が乾燥している方はリキッドファンデーションを選ぶことが多いのですが、肌の状態によっては適さないケースもあります。

 

リキッドファンデーションのメリットは塗付しやすく、摩擦の負担を避けて使用できる点とカバー力に優れている点です。

 

乾燥肌で表面のカサつきや肌荒れに悩まされている方にとってはこれらのメリットは非常に魅力的となるわけですが、カバー力と密着性に優れているため落としにくいという特徴もあります。

リキッドタイプはクレンジング時の負担に注意

マキアレイベル薬用エステヴェールファンデーション選び方乾燥肌

塗布する際に負担がかからないのはよいものの、落とす際にクレンジングの負担が大きくなってしまう恐れがあります。

 

洗浄力の強いオイルクレンジングを使用してしまうとますます肌の保湿力とバリア機能が損なわれてしまう恐れがあるのです。

 

一方パウダーファンデーションは適度なカバー力と密着性を備えているので落としやすいのが大きな特徴です。

 

ただブラシやパフで塗付する際に肌に刺激を与えてしまいやすいので要注意。

 

ですからメイクを落とす際にそれほど負担が気にならない場合にはリキッドファンデーション。

軽めのテクスチャーで伸ばしやすいものを

マキアレイベル薬用エステヴェールファンデーション選び方乾燥肌

気になる場合には肌に刺激を与えないよう注意しながら、パウダーファンデーションを使用するのが適しています。

 

この点は自分の乾燥肌がどれぐらい刺激に対して敏感になっているのかも考慮したうえで判断しましょう。

 

それからテクスチャーの問題。基本的にファンデーションは軽めのものは伸びがよくて塗付しやすく、重めのものはカバー力に優れています。

 

乾燥肌の方は摩擦の負担を防ぐためにも軽めのテクスチャーを選んだほうがよいでしょう。

 

ただこれは実際に試してみないとわからない部分が大きいので店頭の試供品やトライアルセットなどをうまく利用して判断しましょう。
マキアレイベルのファンデーションの効果と口コミ・上手な使い方>>

敏感肌の人の上手なファンデーションの選び方

敏感肌の方がファンデーションを選ぶ際にはまずなんといっても肌に負担をかけない範囲で使用できるかどうかがポイントです。

 

基本的に毎日使用するわけですが、継続して使い続けても肌に負担が蓄積しないことが大前提となります。

簡単に落とせるパウダータイプがお勧め

マキアレイベル薬用エステヴェールファンデーション選び方敏感肌

この低刺激に関しては2つのポイントがあります。

 

ひとつは製品を使用した時の負担がどれぐらいか、そしてもうひとつがファンデーションを落とすときにどれだけ負担がかかるか、です。

 

とくに注意したいのが後者で、塗りやすく肌への負担が少ないように思えるリキッドタイプやミルクタイプは、密着度が高いためクレンジングの際に肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

敏感肌の方は簡単に落とせるパウダータイプを使用するのがオススメです。

 

なお、パウダータイプはパフやブラシで塗付する際の刺激が気になりますから、使い方にも注意すること。

刺激の少ないミネラルファンデーションがベスト

マキアレイベル薬用エステヴェールファンデーション選び方敏感肌

そしてパフやブラシに雑菌が付着しないよう、つねに清潔な状態を維持することを忘れないようにしましょう。

 

パウダーファンデーションの中でも刺激が少なく人気を集めているのがミネラルファンデーションです。

 

これはミネラル(鉱物)を主原料として作られたファンデーションで、肌への馴染みがよくしかも刺激が少ない点が大きなメリットです。

 

また合成界面活性剤や防腐剤、鉱物油といった肌に負担をかける恐れがある添加物が使用されていない点も大きなメリットです。

 

ミネラルファンデーション選びで大事なのは成分チェック

マキアレイベル薬用エステヴェールファンデーション選び方敏感肌

さらにミネラルには光を反射・拡散する効果もあるので、敏感肌に多いくすみや肌のザラつきといった悩みを目立たなくさせるにも役立ちます。

 

このミネラルファンデーションは少々カバー力に劣る面があるのがマイナスですが、敏感肌の方はやはり低刺激のメリットを重視して選ぶべきでしょう。

 

なお、多くのミネラルファンデーションは添加物が使用されておらず、100パーセントミネラルだけで作られていますが、中には合成ポリマーなどの添加物が使用されていることもあるので製品内容を詳しくチェックしたうえで最終的な判断を下すようにしましょう。

 

あくまで低刺激を優先したうえで悩みをしっかりカバーできるかどうか、これが敏感肌のファンデーション選びの大前提です。

脂性肌の人の上手なファンデーションの選び方

脂性肌がファンデーションを選ぶ際には肌とうまくマッチするか、そして化粧崩れを落としにくいかが最大のポイントとなります。

 

皮脂の分泌量が多いため、油分が多いファンデーションを使用すると、皮脂と油分が混ざり合って崩れやすくなってしまう点も要注意です。

油分の少ないパウダータイプがお勧め

マキアレイベル薬用エステヴェールファンデーション選び方脂性肌

夏場に限らず脂性肌の方はまずできるだけ油分が少ないものを選びましょう。

 

油分が多いファンデーションというとリキッドタイプ、クリームタイプなどが挙げられます。

 

これらは使い勝手のよさを売りにしたものが多いため注意したいところです。

 

一番のオススメはパウダーファンデーション。油分が少ないだけでなく、塗付するとパウダーが皮脂を吸収してくれます

メイク直しが簡単なのもメリット

マキアレイベル薬用エステヴェールファンデーション選び方脂性肌

そのため化粧崩れを防ぐだけでなくベタつきの不快感も軽減できます。

 

テクスチャーが軽めなので伸びがよく塗りやすいこと

 

また万一化粧崩れを起こしてしまった場合でも手軽にメイク直しできるのも大きなメリットです。

 

パウダーファンデーションを選ぶ場合にはミネラルファンデーションもオススメの選択肢です。

 

鉱物(ミネラル)を原料に作られたこのミネラルファンデーションは添加物が含まれていないものが多く肌に余計な負担をかけずに済みます

 

皮脂の分量によって向き不向きが分かれる事も

マキアレイベル薬用エステヴェールファンデーション選び方脂性肌

そのため敏感肌の間で人気が高いのですが、毛穴が詰まりやすい、ニキビの悩みを抱えているといった脂性肌の使用にも適しているのです。

 

カバー力がやや弱いこと、化粧崩れを起こしやすいことが難点なのでどれだけ皮脂の分泌量が多いかで向き・不向きが決まります。

 

実際に試してみたうえで判断してみましょう。これらが脂性肌がファンデーションを選ぶ際のポイントです。

 

近年では油分が少なめで化粧崩れを起こしにくいリキッドファンデーションも登場しています。

タイプにとらわれず3つのポイントをチェック

マキアレイベル薬用エステヴェールファンデーション選び方脂性肌

そのため「リキッドタイプはダメ、とにかくパウダータイプ」と決め付けて選ぶのは避けたほうがよいでしょう。

 

店頭で試供品がある場合には実際に試してみるのもよい方法です。

 

化粧崩れが起こりにくいか、そして起きてしまった場合にはすぐに直すことができるか、そして毛穴を詰まらせてしまうことがないか

 

この3点を考慮したうえで自分にとって最適なファンデーションを選んでいきましょう。

ニキビ肌の人の上手なファンデーションの選び方

ニキビ肌のファンデーション選びのポイントは2つあります。

 

ニキビに必要以上の刺激を与えずにメイクをすること、そのうえでできるだけニキビを改善できるような肌環境を心がけることです。

製品ごとのメリットや特長をチェック

マキアレイベル薬用エステヴェールファンデーション選び方ニキビ肌

ですからファンデーションにスキンケアの効果を求めるで分もあります。

 

ですからひとつひとつの製品の特徴やメリットなどを確認したうえで比較検討していくことが大事です。

 

まず大前提は油分が少なめのものを使用することです。

 

もともとニキビができやすい方は皮脂の分泌量が多めのことが多いので油分が多いファンデーションを使ってしまうと、毛穴をますます詰まらせてニキビの原因となるアクネ菌の増殖を促してしまいます

 

オイルフリーかオイル含有量が少ないものを

マキアレイベル薬用エステヴェールファンデーション選び方ニキビ肌

またただでさえオイルは肌へ負担が大きいのでニキビができてしまっている部分に不要な刺激を与えてしまいかねません。

 

ファンデーション選びではまず基本中の基本としてオイルフリー、もしくはできるだけオイルの含有量が少なめのものを選ぶようにしましょう。

 

なお、この点に関しては化粧下地も同様ですから、ファンデーションだけでなく下地のオイルの含有量もセットにして検討していくことも大事です。

 

それからパウダータイプを選ぶのもニキビ肌の基本です。

 

どうしてもニキビが気になる場合にはカバー力に優れたリキッドタイプを選んでしまいがちです。

リキッドタイプは崩れにくい分クレンジングでも落としづらい

マキアレイベル薬用エステヴェールファンデーション選び方ニキビ肌

しかしこのタイプはもともと油分が多い上に落としにくいので、かえってニキビ肌を悪化させてしまう恐れがあります。

 

密着性に優れている分化粧崩れを起こしにくいメリットがあるわけですが、一方でメイク落としの際に洗浄力の強いクレンジングを使用しなければ落とせなくなります。

 

そのためニキビ肌に大きな負担になってしまうのです。

 

とにかく肌への不要な刺激を避けるべき、という観点からするとリキッドファンデーションはあまり適した選択肢とはならないのでカバー力ばかりに目を向けてしまっている方は気をつけましょう。

パウダータイプなら粒子が細かいものを

マキアレイベル薬用エステヴェールファンデーション選び方ニキビ肌

パウダータイプならオイルが少なめですし、適度なカバー力でニキビをうまく隠すことができます

 

できるだけ粒子が細かく肌にピッタリとフィットするタイプがお勧めです。

 

こうした選び方のポイントに加えて保湿成分をはじめとした美容成分が含まれているかどうかも見ておきましょう

 

また日焼け止めの負担を避けるためにも、化粧下地とファンデーションにUVカット効果を備えているかどうかも大事なポイントです。

 

このあたりは美容液や乳液とのバランスも考慮したうえで自分にあったものを選んでいくことになるでしょう。

 

くれぐれもニキビに刺激を与えないものを選ぶ、これが大原則です。
マキアレイベルのファンデーションの効果と口コミ・上手な使い方>>